社内イベント

 当社では、部署や役職を超えて、社員間のコミュニケーションを促進するために各種の社内イベントを企画・開催しています。

 役員や管理職も気軽に参加でき、心の交流と団結力を育む場となっています。

「カンポグループハロウィーンパーティ2019」を開催しました。2019/10/27

 10月27日京都ホテルオークラにて、カンポグループの社員とその家族が一堂に集い、「ハロウィーンパーティ2019」が盛大に開催されました。
 昨年に引き続き、約160名の社員とその家族が参加し、山田代表の開会宣言で始まりました。
 3部構成で行われたパーティの第1部では上半期における成績優秀者の表彰が行われ、第2部では社内の福利厚生活動として発足したカラオケ倶楽部のメンバーが自慢ののどを披露し、「パプリカ」を家族で踊った営業係長が優勝しました。また第3部では、テーブル対抗の楽しいクイズゲームを行い、テーブルに同席した人たちの親睦も深まり、場内は大いに盛り上がりました。仮装パフォーマンスでは、家族も参加して思い思いに仮装したパフォーマンスを披露し、優勝した家族は「めっちゃ緊張した。でも嬉しかった」と満面の笑顔を見せていました。

 恒例となった「トリックオアトリート」では、参加した子供たちがテーブルを回るとカゴ一杯になるほど沢山のお菓子が配られ、受け取った子供たちの笑顔と歓声があちこちではじけました。
 最後は全員で一つの輪になってジェンカを踊り、部署や役職を超えて社員とその家族が互いに感謝する心で一つになり、有意義な時間となりました。

「カラオケ倶楽部」第8回歌会を開催しました。2019/09/07

 9月7日「カラオケ倶楽部」の第8回歌会が市内の大型カラオケ店で開催されました。
 今回も社内の歌好き社員たちが11名集まり、自慢ののどを披露しました。それぞれが自分の好きな歌を熱唱し、周りの社員も両手を高くあげて曲に合わせてスイングするなど、一体感あふれる歌会となりました。
 フィナーレには、全員が席から立ち上がり、歌に合わせて踊り狂い、場内は爆笑の渦と化しました。部署の垣根や上下関係の縛りを超えて全員が歌に興じ、時の経つのも忘れて楽しい時間を持ちました。
 10月に京都ホテルオークラにて開催される「カンポグループハロウィーンパーティ」での最優秀歌唱賞受賞を目指して全員が張り切っています。

「カラオケ倶楽部」第7回歌会を開催しました。2019/07/27

 7月27日「カラオケ倶楽部」が第7回歌会を市内の大型カラオケ店で開催しました。
 当倶楽部は、会社の福利厚生として、部署や役職を超えてカラオケ好きの有志により企画・運営されています。回を重ねるごとに、新たなメンバーが参加し、現在、メンバーの数は35名を超えています。 その中から、今回は飛び切り歌の好きな13名が集まり、来る10月に開催される「カンポグループハロウィーンパーティ」で披露するために、互いに自慢の喉を競いました。
 歌の上手下手に関係なく、予め決めておいた評価点にピタリ当たれば賞品がもらえるというユニークなルールに、参加者は思う存分好きな歌を熱唱していました。  マラカスやタンバリンのリズムに合わせて躍ったり、互いに気兼ねなく話をしたり、場内は終始楽しい雰囲気に包まれ、日頃の仕事の疲れも忘れて、大いに盛り上がりました。

「ありがとう祭2018」を開催しました。2018/10/28

 10月28日京都ホテルオークラにて、カンポグループの社員とその家族が一堂に集い、「ありがとう祭2018 ハロウィーンパーティ」が盛大に開催されました。 今年は新たに開設した滋賀事業所からも多数の社員が参加しました。
 家族と社員の入場に続き、荘厳なBGMとともに、今年度上半期において実績を残した優秀社員16名が盛大な拍手を受けて登場。割れんばかりの拍手と大歓声のもと山田代表による開会宣言が行われました。
 参加した子供たちがテーブルを回るとカゴ一杯になるほど沢山のお菓子が配られたり、ハロウィーンにちなんでめいめい工夫を凝らした仮装に身を包んだ社員たちが準備した演し物を披露したりすると、場内は笑いと拍手が止まず、一気に盛り上がりました。
 豪華な食事を囲みながらの歓談と全員参加による楽しいゲームや抽選会を行いました。最後は全員で輪になってジェンカを踊り、部署や役職を超えて社員や家族の心が一つとなり、至る所で満面の笑顔が咲き乱れました。
 最後に山田代表が「このような感動的なパーティを来年も楽しみにしています。」と締めくくりました。

「カラオケ倶楽部」第2回歌会を開催しました。2018/10/25

 10月20日「カラオケ倶楽部」の第2回の歌会が開催されました。前回の歌会が好評であったことを受け、今回は初参加の社員が多く見られました。最高得点者は営業部部長となりました。参加した社員はそれぞれ持前のキャラクターを発揮し、会場は爆笑の渦となりました。参加者の一人は「一生分笑った」と思い出しては笑いをこらえきれない様子でした。歌会の内容は機関紙「カラオケ倶楽部通信」にてご確認ください。
(カラオケ通信の画像をクリックすると開きます。219KB)

「カラオケ倶楽部」が始動しました。2018/09/15

 会社が福利厚生の一環として支援する、「カラオケ倶楽部」において、9月15日第1回のイベントが開催され、カラオケ好きの社員12名が参加しました。

 参加した社員は、それぞれ得意の楽曲を熱唱し、自慢の声を披露しました。普段社内で見られない社員の見事な歌いっぷりに、大きな拍手が湧き起こり、イベントは大きく盛り上がりました。

 同倶楽部では、月1回のペースでイベントを行い、社員間の親睦をさらに深めていくこととしています。(カラオケ通信の画像をクリックすると開きます。259KB)

「野球観戦ツアー」が行われました。2018/09/08

 会社が福利厚生の一環として支援する、社員のクラブ活動において、9月8日に甲子園球場でのプロ野球(阪神対巨人)の試合観戦ツアーイベントが開催され、野球好きの社員とその家族や友人を含め16名が参加しました。

 貸切バスで球場に到着した一行は、名物の甲子園カレーを食べた後、アルプススタンドで両チームの熱戦を応援しました。試合は攻防を繰り返す白熱した戦いとなり、参加した社員たちは試合の流れに一喜一憂しながら、楽しい親睦の時間を過ごしました。

 参加者からは「次回も開催してほしい!」「ファンクラブを立ち上げよう!」との感想が多く聞かれ、イベントは大盛況でした。

「ありがとう祭2017」仮装フォトコンテストの受賞者を発表しました。2017/11/08

 「ありがとう祭2017」の新イベントとなる「仮装フォトコンテスト」が開催され、ハローウィーンにちなんだ思い思いの衣装に身を包んだ個性的な写真作品が出品される中、いくつかの作品が優秀賞を獲得しました。
 見事「ベストショット賞」を受賞した社員は、「夫も作品作りに協力してくれ、家族で楽しい時間をもつことができました。受賞出来てうれしいです。楽しい思い出となりました。」と喜びを隠せない様子で語っていました。

「ありがとう祭2016」を開催しました。2016/10/30

 秋晴れの中、エナジーカンポ2工場において、カンポグループの社員の集い「ありがとう祭2016」を開催され、社員とその家族約180名が集いました。
 日頃の社員への感謝の思いを込めて、管理職がスタッフとなって食事の提供やゲームコーナーの運営を行い、社員との良き交流の場となりました。

 ステージでは、参加者からの「ありがとうメッセージ」が発表され、社員はそれぞれの家族や同僚から「いつもお仕事ありがとう」などと労いの言葉を受けていました。

 開催日がハロウィーンと重なったことから、仮装コンテストも行われ、思い思いに着飾った参加者で、場内は大いに盛り上がりました。

 解散後は、参加した子供たち一人一人に風船がプレゼントされ、風船をもらった子供たちは、大喜びのあまりスタッフとハイタッチするなど、楽しい姿が見られました。


「ボウリング大会」企画メンバーでランチ会議を開催しました。2016/06/07

 「第1回グループボウリング大会」の企画・実行メンバーが参加し、ランチ会議を実施しました。会議は、メンバーが気兼ねなく参加できるよう、昼食会として京都市内の高級レストランで実施。グループ代表を囲み、おいしい料理に舌鼓を打ちながら、大会の反省点や改善点に加え、今後の企画アイデアについて、メンバーがそれぞれ意見を出し合いました。

「ボウリング大会を開催しました」2016/05/28

 第1回のグループボウリング大会を開催し、役員および従業員ら48名が参加しました。グループ各社の役員、役職者、一般社員、パート社員などがランダムに編成されたチーム対抗戦で、互いに優勝を目指して腕を競いました。日頃は顔を合わせることも少ないメンバーが、ゲームを進める中で互いに親睦を深め、メンバーがストライクやスペアを出すと、互いにハイタッチを行うなどして、部署や役職の垣根を超えてメンバーのファインプレーに賞賛を送っていました。