キープセーフプロジェクト

 重機への巻き込み事故を防止するため、構内の全ての重機にセンサーを設置し、発信機を持った作業員が重機に接近すると、オペレーターと作業員の双方に光と音で警告する安全管理システムを導入しています。

 また、万一の救急時に対応して各工場にはAEDが設置されています。

安全運転研修会を実施しました。2019/11/19

 11月19日 グループに所属する、車両を運転する全ての従業員を対象とした安全運転研修会を実施しました。今回の研修では、テーマに「あおり運転」を取り上げ、大手損害保険会社より専門講師を招き、あおり行為とは何かについての分析と、自らが被害に遭わないことに加え、あおり運転とみなされる危険な運転について事例を挙げながら詳しく研修しました。
参加者は、普段の自らの運転が「あおり行為」に該当していないか顧みつつ、交通法規を遵守し、心にゆとりを持ち、相手を思いやる運転を心掛けることの必要性を強く自覚していました。

 今後もカンポグループは、環境マネジメントに加え、サービスの安全と安心を提供できるよう日々努力してまいります。

熱中症対策として空調服を支給しています。2019/08/09

 熱中症対策として、構内で作業を行う社員に空調服や保冷剤入りメッシュベストの支給を行うことに加え、休憩室にはスポーツドリンクの給水器を設置しています。

安全運転研修会を実施しました。2018/11/22

 11月22日 グループ内の従業員を対象にした安全運転研修会を実施しました。 この研修会は、損害保険会社の協力により毎年実施されているもので、今回の研修には、業務で車両を運転する従業員以外にマイカー通勤者も多数参加しました。

 研修では、事故発生の分類と特性およびその原因について、専門講師より具体的な事例を交えて詳しく分析して紹介がされ、参加者全員で対策について検討が行われました。また、万一事故が発生した場合に備え、初期対応について分かりやすく説明が行われました。 参加した社員は、運転に対する責任の重大性を再認識するとともに、法令に基づいた安全運転の励行を改めて決意しました。

 カンポグループでは、環境事業を通じた社会貢献とともに、安全で安心なサービスの提供を今後も心がけてまいります。

救命講習会を実施しました。2016/12/20

 当グループでは、緊急時の救命処置が必要な時に備え、AED(自動体外式除細動器)の設置に伴い、12月15日全社員を対象に外部指導員による救命講習会を実施しました。
研修では、AEDの具体的な使用方法に加え、心臓マッサージ(心肺蘇生法)の訓練を行いました。
AEDは、エナジーカンポ1〜3の各工場に設置しており、近隣での緊急時にも対応が可能です。日本救急医療財団AEDマップに会社情報を公開しております。
当グループでは、救命講習会のほかに、台風・洪水・落雷・火災などの災害時対応訓練や安全訓練、環境保全のための特定業務訓練などを実施しています。
日本救急医療財団AEDマップの詳細はこちら