キープセーフプロジェクト

 重機への巻き込み事故を防止するため、構内の全ての重機にセンサーを設置し、発信機を持った作業員が重機に接近すると、オペレーターと作業員の双方に光と音で警告する安全管理システムを導入しています。

 また、万一の救急時に対応して各工場にはAEDが設置されています。

救命講習会を実施しました。2016/12/20

 当グループでは、緊急時の救命処置が必要な時に備え、AED(自動体外式除細動器)の設置に伴い、12月15日全社員を対象に外部指導員による救命講習会を実施しました。
研修では、AEDの具体的な使用方法に加え、心臓マッサージ(心肺蘇生法)の訓練を行いました。
AEDは、エナジーカンポ1〜3の各工場に設置しており、近隣での緊急時にも対応が可能です。日本救急医療財団AEDマップに会社情報を公開しております。
当グループでは、救命講習会のほかに、台風・洪水・落雷・火災などの災害時対応訓練や安全訓練、環境保全のための特定業務訓練などを実施しています。
日本救急医療財団AEDマップの詳細はこちら