高度な機械文明は、人々の生活を豊かにする一方、大量の廃棄物による環境汚染を引き起こし、地球温暖化による異常気象など地球環境に大きな変化をもたらしました。

 次の世代に豊かな地球環境を残すべく、また人々の暮らしに安心できるエネルギーを供給すべく、当社は、1968年の創業以来一貫して環境美化・整備事業に携わってきました。

 1995年に開始した固形燃料製造事業は、可燃性産業廃棄物を再資源化した新たな工業用燃料として注目され、温室効果ガス排出量の削減に大きく貢献しています。2011年にはJIS(日本工業規格)認証を受け、品質面でも一定の評価を受けただけでなく、2012年には当社が染色工場と共同で立ち上げた、固形燃料を用いた温室効果ガス削減プロジェクトが、政府のJ-Ver制度(現Jクレジット制度)に登録されました。

 

 当社を支えているのは、言うまでもなく有能な社員とその家族です。

 当社は、社員が自らの能力を最大限に発揮できるよう、あらゆる面で「働きやすさ」のサポートを続けています。

 廃棄物を取り扱う責任から社内の規律には厳しいものがありますが、互いの個性を尊重し、社員の家族も会社の家族として大切にする社風が伝統として息づいています。

 社内で福利厚生プロジェクトを立ち上げ、社員が長く安心して働けるように福利厚生面での支援を行っています。

 社員間の親睦のために作られた「山和会」では、家族も参加できる楽しいイベントを定期的に開催し、家族と会社との絆を深めるのに役立っております。

 

 私たちは環境事業を通じて社会に貢献できることに感謝し、この地に暮らす人々の豊かな生活のためにエネルギーを供給し続けることに誇りを感じています。

「環境に優しく、社員とその家族にも優しく」それが私たちのモットーです。